platonのブログ

思考の整理とアウトプット、たまにグラブル

【社説】2020年11月2日:成長を確信できなかった大阪都構想/介護施設の面会に知恵絞ろう

成長を確信できなかった大阪都構想

記事本文

www.nikkei.com

要約

成長期待が薄らぎ、大阪都構想は実現に至らなかった。

感想

昨日、大阪都構想を判断する住民投票、正式名称「大阪市を廃止し特別区を設置することについての投票」が行われ、前回の住民投票と同様に僅差で反対が上回り、都構想は否決されました。

f:id:Platon:20201102065302p:plain

大阪市HPより筆者作成

www.city.osaka.lg.jp

 

論点は大阪府と大阪市の二重行政を改めるというものでしたが、近年は府・市ともに大阪維新の会が主導権を握っており、連携をとって行政サービスを提供しています。

皮肉なことに、現状の大阪府・市の行政におおむね満足しているからこそ、大阪都の必要性を感じられず反対したという人も少なからずいたのではないでしょうか。

 

また前回の住民投票では反対派の主な理由として、大阪市の財源を大阪府に移譲することによる住民サービス低下の懸念が挙げられていました。

今回はその懸念を払拭するために、大阪市廃止後に設置する特別区に財源を多く回すようにしましたが、府全体の成長を願う人からすると期待外れとなってしまったかもしれません。

 

二度の住民投票で否決された大阪都構想ですが、今後の大阪に期待できることもあります。

1つは、大阪府と大阪市が存在するということを前提にして、都構想を必要としない長期的な行政改革の計画がつくられること。

もう1つは、大阪市民が自らの1票で自分たちが住む街の未来を決めるという経験を2度もできたことから、政策の議論が一般に広がることです。

 

大阪維新の会は都構想の実現のため邁進してきましたが、今回の結果を受け松井市長は2023年の任期を持って引退、吉村府知事も自分はもう都構想に挑戦しないと明言しています。

今後は都構想を抜きにして、恒久的に二重行政を解消する制度設計をしていくことになるでしょう。

その際は、住民投票の経験を活かし賛成派も反対派も様々な議論を戦わせて、より良い大阪を「自分たちの手で」つくりあげていく、そんな光景が近い将来見られることを期待しています。

 

介護施設の面会に知恵絞ろう

記事本文

www.nikkei.com

要約

コロナ禍で介護サービスに制限がかかるなか、面会手法を考える必要がある。

感想

医療・公衆衛生分野の専門家が厚労省に助言を行うアドバイザリーボードの会合は10月13日、介護施設の面会などについて議論を行いました。

f:id:Platon:20201102074733p:plain

出典:厚労省

www.mhlw.go.jp

会合では外出や面会の減少による健康への影響が懸念され、感染防止策を講じたうえで制限を緩和することが提言されました。

根拠となった広島大学・日本老年医学会による研究の成果はこちらです。

www.hiroshima-u.ac.jp

 

厚労省はアドバイザリーボードの助言を受け、10月15日には自治体に面会制限の緩和を行うよう通知を発出しました。

通知の主な部分を抜粋すると以下の通りです。

2020年10月15日 社会福祉施設等における感染拡大防止のための留意点について(その2)(一部改正)(抄)
(面会)
○ 面会については 、感染経路の遮断という観点と、つながりや交流が心身の健康に与える影響という観点から、地域における発生状況等も踏まえ、緊急やむを得ない場合を除き制限する等の対応を検討すること。
○ 具体的には、地域における発生状況や都道府県等が示す対策の方針等も踏まえ、管理者が制限の程度を判断すること。
○ 一部の施設においてはオンライン面会を実施しており、「高齢者施設等におけるオンラインでの面会の実施について」(令和 2 年 5 月 15 日付厚生労働省老健局総務課認知症施策推進室事務連絡)、「障害者支援施設等におけるオンラインでの面会の実施について」(令和2年5月 22 日付厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課事務連絡)等も参考に引き続きオンラインでの実施を考慮すること
○ 地域における発生状況等を踏まえ面会を実施する場合は、以下の留意事項も踏まえ感染防止対策を行った上で実施すべきであること。

 

(面会を実施する場合の留意事項)
(略)

 

(外出)
○ 「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」(令和2年3月 28 日(令和 2 年 5 月 25 日変更))(新型コロナウイルス感染症対策本部決定)三(3)1)①において、外出の自粛が促される状況であっても、屋外での運動や散歩など、生活や健康の維持のために必要なものについては外出の自粛要請の対象外とされていることから、 入所者の外出については、生活や健康の維持のために必要なものは不必要に制限すべきではなく 、「三つの密」を徹底的に避けるとともに、「人と人との距離の確保」「マスクの着用」「手洗いなどの手指衛生」等の基本的な感染対策を徹底し、自らの手で目、鼻、口を触らないように留意すること。
感染が流行している地域では、人との接触機会の低減の観点から、外出を制限する等の対応を検討すべきである。

 

厚労省から以前発出された4月7日の通知には、そもそも「面会を実施する場合の留意事項」や「外出」といった項目が無かったため、だいぶ緩和が進んだように思います。

 

屋外での運動や散歩は、特に心身に与える影響が大きいでしょう。

自分も毎朝のルーティンに散歩を取り入れていますが、気分がすっきりして1日を気持ちよく始められます。

platon.hatenablog.jp

特にこの季節は早朝の空に朝日が差し込む景色が美しく、雪や霜が無かったとしても、清少納言が「冬はつとめて」と語った気持ちがわかるような気がします。

 

話を戻すと、外出制限で体を動かす機会が減ったことによる影響の他にも、訪問介護サービスが受けられない場合には、家族が介護を行うため仕事を休まざるをえない事態が発生することも少なくありません。

介護の問題は常々言われておりますが、コロナ禍で緊急性が増している課題の一つでしょう。

 

自分も以前介護施設で1週間ほど働いたことがありますが、深刻な人手不足と設備不足を感じました。

行政が様々な方策を提示しても、現場で実際にやるには人が足りない、技術を用いてオンライン面会を進めようとしても端末が足りないといった声が上がるのは容易に想像できます。

 

介護現場では職員1人が複数の入所者に目配りする必要があり、転んでけがをするなどといった事故が無いよう注意力が求められます。

技術の力で、多くの人員や設備を必要としないような、そんな介護サービスを生み出せるよう知恵を絞っていきたいですね。